20160723htr198.jpg

Atsushi Tamura

フォトグラファー/

広告デザイナー /

​WEBマーケティングディレクター

myself01.JPG

同志社大学文学部文化学科美学芸術学専攻卒

大学卒業後大手アパレル入社、企画するブランドのファッション誌撮影に携わり写真家活動を始める。

ファッション企画と撮影両立のため地元京都の通販カタログ会社に移籍、大阪にてフォトスタジオを開設し独立。

伊良部島の海に魅せられ沖縄に傾倒、2016年石垣島に移住。石垣島および宮古島のリゾートホテルを中心に撮影および広告デザインを請負い、ミス八重山プロモーション事業など自治体PR活動も行う。

Instagramフォロワー4万人、インフルエンサー、Ameba公式トップブロガーとしてWEBにて広く沖縄の魅力を発信。

 

2018年写真家活動実績

沖縄国際映画祭野外写真展(那覇市)、ミス八重山写真展(石垣市)、文化庁メディア芸術祭ATSUSHI展(石垣市)

JTA機内誌「フォトジェニックオキナワ」連載

2019年活動実績

石垣島写真美術館MIRA展示(石垣市) 

JTA機内誌「フォトジェニックオキナワ」連載

写真のこだわり

 商品企画から撮影、デザインまで自身がディレクションする通販カタログを製作していた時期がありました。通販カタログは写真で売り上げが大きく変わります。ひとつの洋服が10枚しか売れない場合も1000枚の売れ筋になることもありますが、その差は1枚の写真が大きく左右します。

​ 以来、私はプロモーション力のある写真を常に意識し撮影をしています。食べたくなる料理、行きたくなる風景、泊まりたくなるホテル、決してアートに振るのではなく、見る人がリアルに自分を投影できる写真を撮り続けてゆきたいと考えています。